メルマガコラム集~岸田晃司編

2017/05/07

篠笛協会よりのメルマガ。月1回で配信いたしております。

篠笛奏者のちょっとコアなお話、篠笛協会の会員様限定で過去のメルマガコラムを集めてみよう企画は当協会会報2号でも行っているのですが、メルマガ配信はそれ以後も続けておりますので、「会員さま限定」で「メルマガ コラム集」ページを作成致しました。

2017年より横笛奏者の方々より寄稿頂いております。
岸田晃司さんのコラムをお送り致します。

お得な情報、耳寄りなお話し、意外な情報、小ネタ??などございます。どうぞご一読下さいませ。

::::::::::::::::::::::::

2017年1月 メルマガ15号より

会員の皆様、明けましておめでとうございます!
本年も皆様のお役に立てる情報をたくさんお送りしてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
そして初めまして、篠笛・能管奏者の岸田晃司です。
新年最初のメルマガコラム、演奏家会員として初めて文を書かせていただく事になりました。
いきなり自分のCDの宣伝の様になってしまいますが(笑)、昨年11月27日に発売した私のNew Album『えん』のお話をさせて頂きます。

僕の最初のオリジナルCD「タマノ音」は2012年に発売。
7曲入りで全て篠笛の独奏曲という、今考えたら結構恐ろしいことだったなと思いますが(笑)、当時は独奏を追求していた時期でたくさん曲を書いていました。
その中から自信作や、お客様に好評頂いた曲をまとめCD化。
そのタマノ音発売からこれまでの4年間、実にたくさんのミュージシャンやお客様方とのご縁を頂く中で、これまたたくさんの曲が生まれました。
その曲ひとつひとつに、お顔を思い浮かべる事が出来るくらいの思い出があります。
今回のCDはそれらの曲から厳選し、いわば4年間のベストアルバムの様なCDに仕上がりました。
その名も『えん』。
えんとはそのまま縁の事です。

前置きはこのくらいで、中身の話!
笛だけでなく様々な楽器の奏者をゲストに招き、編成も様々、全10曲入り60分というボリュームになりました。
篠笛独奏、篠笛二重奏、篠笛×能管、篠笛×和太鼓、篠笛×二十五絃箏、篠笛×ピアノ×和太鼓、篠笛二重奏×和太鼓、篠笛三重奏×バンド、これだけの内容が一枚で聴ける、かなりお得だと思います(笑)
曲調も、キャッチーでポップな曲、古典的な曲、幻想的な曲、ジャズテイストな曲など、これまで演奏してきたそのままのアレンジと、新しいアレンジも加え、やりたかった事をやりきりました。
篠笛と一言で言ってもその音楽はたくさんのジャンルがあって、好みも人によりけりですが、そもそも和楽器を知らない人にも、もちろん知っている人にも、かっこいいと思ってもらいたい、そんな思いを胸に作り上げました。

買っていただいたお客様や生徒、みなそれぞれ「これが好き!」と言ってくださる曲が全然違うんです。
作った本人にさえ想像がつかない視点で皆聴いて下さるんですね。
自分以上に自分の曲を素敵に解説してくれる方もいて、自分の曲がみなさんの中で大きく育って羽ばたいている様子を見るととても元気をもらえます。
みなさんから学ばせていただく事も本当に多いです。
それが音楽を続けるモチベーションのひとつ、感謝感謝。

でもCDを作るって本当にお金がかかります(笑)
まずミュージシャンのギャラ、レコーディングスタジオ代金、音を編集するエンジニアの費用、ジャケットデザインの費用、CDプレス代etc..
これに準備の時間も相当かけています。
それでもファンのみなさんに「ライブだけじゃなくて家でも聴きたい!!」なんて言われたら。。。
やっぱり、みなさんにお届けしたいと思うミュージシャンの性。
どのミュージシャンもきっと、みなさんのために本気で音楽しています。
ぜひ応援するミュージシャンがいらっしゃったらグッズ買ってください(笑)
間違っても「私たち3人で1枚買うわー。後でコピーするからー。」なんて言ったらダメですよ、めっちゃガッカリするから(笑)

来月のコラムでは、そんなCD制作の工程についてお話したいと思います。
ミュージシャン選びからアレンジ、レコーディング作業から編集作業、ジャケットデザインからパッケージ、いろいろな工程を経てCDが完成します。
特にレコーディングや編集の工程は、音楽していても意外と知らなかったり、興味深い方も多いのではないでしょうか。
聞きたい事があればぜひメールにてご連絡くださいね(^^)
それに回答する形でも書きたいと思います。

最後にNew Album『えん』の曲目と、ゲストミュージシャンをご紹介したいと思います!
CDのお問い合わせは岸田晃司ホームページからメールをお願いします。
岸田晃司ホームページ
http://kojikishida-fue.com/
ぜひお買い求めいただけましたら幸いです!

笛で紡いできたたくさんのご縁を思いながら名付けた『えん』、このCDがみなさんの元に羽ばたく事でさらなる縁が広がる事を願って。

岸田晃司2nd Album『えん』
\2,500(税込)
1.白妙の蓮水
2.宵宮
3.燕
4.桜
5.風来坊
6.草原の道導
7.古多万
8.大河
9.神馬
10.天の愁
参加ミュージシャン
石高万紀子(篠笛)#3
福原百貴(篠笛)#7
渡邊香澄(二十五絃箏)#6
須藤信一郎(ピアノ)#1,5,9
シンゴ(太鼓)#1,2,5,8,9,10
西島健司(ベース)#9
角谷正史(ドラム)#9

(メルマガ後記より)

みなさん、お正月はゆっくり過ごしていますか?
和楽器奏者にとって1月は繁忙期。
新春に関連した演奏がたくさん行われます。
僕も元日2日と、獅子舞の助っ人で笛を吹いておりました。
獅子舞を見かけたらぜひ頭を差し出して噛んでもらってください。
邪気を食べてくれて福がまわってきますよ!
そんなお獅子さんが好きなものは、みかんと、偉人が書かれた横長の紙(笑)
食べさせてあげたら、あなたの邪気も喜んで食べてくれるはず?

(岸田晃司・文)